_31A4687

#3 自由な出会いとコミュニケーションを育む、まるで“西海岸”なオフィス

フリーランスや在宅ワークなど、新しい働き方が続々登場している昨今。新しいオフィスのあり方を考えるべく、今回ご紹介するのは、表参道の喧噪から、少し住宅街に入ったところにある「イノベーター・ジャパン」のオフィスだ。

緑が溢れ、ノイズが少ない、「人間」としての創造性を最大化するオフィスを。

「もともとは高田馬場にいて、10人くらいでちょっと手狭になってきたなと思ったところでオフィス移転を考えました。当時は18坪くらいが長方形でバーンとあるだけで」

_31A4635
こう語るのが社長にしてビジネスデザイナーの渡辺順也さん。日立からサイバーエージェントを渡り歩き、学生時代からの「ITで日本を活性化したい」という夢を叶えるべく、立ち上げた会社だ。「クライアントのポテンシャルを最大限に引き出すサービスを提供したい」という考えのもと、「IT」「デザイン」「マーケティング」の3要素を組み合わせて、新規事業の開発支援やオウンドメディア戦略など、様々なソリューションを提供しているそう。

「この物件は、Webでも調べながら、不動産屋さんに何件か紹介してもらって決めました。広さはほぼ3倍になりました。最低条件は『窓からグリーンが見えること』と、住宅街などで『ノイズが少ないこと』。というのも、人間もひとつの生き物ですから、自然状態に近づけるような状態がいいに違いないという仮説があったんですね。素材感もローマテリアルにこだわりました」

_31A4669
そこでお願いしたのが、全国に展開する「青山フラワーマーケット」の店舗デザイン部門からスタートした「parkERs」という空間プロデュースチームだ。

_31A4677
「どんな効果を与えるオフィスがいいか逆算して考えた結果、一番のステークホルダーは社員だという考えに至ったんです。豪華なエントランスや来客用のミーティングスペースだらけというのは違うなと。とはいえゲストへの印象も加味しながら、働きやすく、どこでも会話が生まれるような。ポリシーやコンセプトだけを提示して、自由に作ってもらいました」

後からいじれるように“余白”を。遊び心はあるけど、遊びはオフィスの外で。

かくしてできあがったのが、風通りの良い、たくさんのホワイトボード(可動式で)がしつらえられたオフィス。木材の木とつとした素材感に、ところどころに配置されたグリーンがすがすがしい。ストレージは奥へと押しやったが、そこはそこで「ホームセンターの陳列棚のようにワクワクするような空間」ができあがった。

_31A4823
「あとは完成形にしたくないという思いもありました。オフィスは常に進化していくものなので、中の人間が作り込む余地を残しておきたいと思って」

_31A4780
そこで「カフェがほしいね」というアイデアが社員から出たときには、ミーティングスペースの一角にカフェコーナーを用意。

_31A4693
「オフィスが集中できないから、カフェで仕事をするなんて話を聞くと、本末転倒だと思うんですよ。あとはよく遊具を置くオフィスもありますが、うちはせっかく表参道にいるんだから、『遊びは外で』というスタンスです(笑)」

参考にしたのはサンフランシスコ!コミュニケーションが花開くスペース。

オフィス作りで一番参考にしたのは、アメリカ西海岸の企業たち。過去に海外で仕事をしていたこともあり、渡辺さんはそこで大いに刺激を受けたらしい。最近では北欧デンマークとコラボレーションしつつ人間中心の価値観もビジネスに取り入れているとのこと。

_31A4724
「東京の、四角くて白い家具をバーッと並べたオフィスと全然違ったんですね。コーヒー豆の倉庫を改装したオフィスには、角材なんかがそのまま置いてあって、それが良い味を出していて」

_31A4707
人が自由に出入りできて、多彩なコミュニケーションが取れる場所を目指したという。

「たとえばこの場所はミーティングスペースですが、ステージにもなります。ミートアップ形式の公開イベント「InnoCAFE」を月に1回くらい、ざっくばらんな感じでやっていまして。デザイン思考のワークショップをやったり、カフェのバリスタを呼んでコーヒー講習会を開いたり、ビジネスコミュニケーション術の講座なんかも。どんなテーマでも人が集まることで何らかのチャンスが生まれると考えています。」

_31A4687
もともと個性や才能の違う様々な人材を集めて、“バンド”の集合体のような会社を作りたいというのがアイデアとしてあったそう。その目論見はおそらく成功している。現在は社員が25人くらいで、20ほどのプロジェクトを回しているというが、取材のさなかにもオフィスのいたるところで議論が白熱し、社員が各プロジェクトに情熱をもって取り組んでいる姿がありありと見て取れた。


●今回お話を伺った会社
株式会社イノベーター・ジャパン
「テクノロジー、デザイン、マーケティング」の3つの力で、様々なイノベーションを起こす会社。手がけるのはメディアやブランド戦略、システム管理など実に多彩! 各分野のスペシャリストが集まり、プロジェクトごとに最適なチームを編成し、企業や組織の価値を高め、画期的なサービスを創出する。

http://www.innovator.jp.net


▼働き方を変えるオフィス構想「WORK(ID) OFFICE LAB」好評連載中!

#1 編集者の独立ストーリーで解説! シェアオフィスを勝手に分類

#2 シェアオフィス・新宿ネオン、「職場というより部室」という働き方

#3 自由な出会いとコミュニケーションを育む、まるで“西海岸”なオフィス

#4 人と仕事、知識が集う!自由なオフィスの自在な働き方


関連記事