「○○君お願い!」と仕事で指名されるには

「○○君お願い!」と仕事で指名されるには

ビジネスパーソンには、上司からワンランク上の仕事を「任せられる人」と、「あまり任せてもらえない人」の2つのタイプがいる。仕事を任せる・任せないという差がついてしまうのはいったいなぜだろうか。仕事で「○○君にお願いしたい!」と頼りがいのあるビジネスパーソンになるためにはどうすればいいの?

仕事に挑戦したいと思う意欲や責任感が重要

「仕事をよく任される部下は、上司が求める結果(品質、納期、コスト)を正しく出せる人。そして次に、結果を出せる能力は未知数だが、挑戦したい雰囲気を出し、責任感が強い部下でしょうね」と、話すのは社員教育コンサルティングなどを行うラーニングモアの代表取締役社長・山口伸一さん。

上司が求める結果を出せるようになるには、それだけの能力が備わっていなければならないのはわかる。しかし、新しい仕事を任せてもらえなければ、能力が身につかないし、成長も難しいのが現実だ。「仕事を任せてもいい」と思われるためには、具体的にどのような意識や行動で仕事に取り組めばいいのだろうか?

「まずは、自分が仕事を任せてもらえない現状を認識し、問題視すること。自分の欠点、そして強みを分析し、上司の価値観が分かると任せてもらえる確率が高まります」(山口さん、以下同)

自分の強みや弱み、上司の価値観はどうしたら分かる?

「誰でも弱みは気になりますが、自分の強みは分かりにくいでしょう。2人以上の友人などから意見をもらうことがお薦めです。上司の価値観は日ごろの口癖や過去の指導、行動や飲み会などで同僚と上司の価値観について話し合うことで推測することですね」

取っ掛かりとなる仕事を任せてもらうためには、上司と業界について情報交換をしたり、嫌いな上司とも飲みに行ったりするなど、社内でのコミュニケーションを大切にする。他にも、ビジネス書を読んで勉強したり、やりたいプロジェクトがあれば立候補したりと、自分で考えて意欲的に行動することが重要だ。

現実には、毎年の採用人数に波があり、従業員の年齢構成がいびつになっており、上世代が多くなかなか昇進できない会社も少なくない。そうした組織では、余計に仕事を任される機会が少ないだろう。

「それでも自分に仕事が回ってこなければ、毎朝、やるべきことを6個メモに書き、行動したことをマーカーで消すことを習慣にすることを勧めます。そうすれば1日単位でPDCAを回すことになり、1日が充実します。続けていけば1日、1月、1年が充実し、それが自信になり上司の評価も変わってくるはずです」

仕事を任せてもらえないと、嘆いているだけでは何も変わらない。現状に不満があるのならば、自分から積極的に行動して“任される部下”を目指そう。
(文・奈古善晴/考務店)


関連記事