光の力で花粉を分解! 次世代メガネがスゴイ

光の力で花粉を分解! 次世代メガネがスゴイ

連日の寒さで春がくるのを待ち遠しくしている人も多いと思うが、春になると今度は花粉が悩みの種に…。東京都健康安全研究センターによると、今シーズンは、東京都23区で花粉が飛び始めるのは2月8日から9日ごろとされ、例年よりも少し早めになる見通しだという。花粉シーズンを迎える前に、最新の花粉対策グッズをチェックしよう。

今回紹介するのは、メガネショップ・JINSが発売する『JINS 花粉 CUT』シリーズの最新モデルだ。種類は、『CLEAN』と『SLIM』の2種類。

光のチカラでフレームを常に清潔に保つ

『CLEAN』は、メガネフレームに光触媒含有塗料を塗布することで、フレームに付着した花粉のアレルゲンやウイルス、細菌を分解してしまう次世代モデルだ。チタンアパタイトと呼ばれる光触媒を使用しており、開発時の研究データによると、なんと98%のアレルゲン分解を確認できたのだとか。よくある花粉対策用メガネは、ただ花粉の飛入を防ぐものばかりだったが、同商品はまったくの別物。アレルゲンをほぼ分解するため、帰宅時にメガネに付着した花粉をうっかり室内に持ち込んでしまうこともなくなりそうだ。

『CLEAN』

自然な見ためのスリムデザイン

『SLIM』は、従来の野暮ったい花粉対策用メガネを、より普通のメガネの形状に近づけて、自然な見ためを実現したモデル。フレーム上部と横の透明フードを浅く小さくするなどの工夫がされているが、花粉カット率は最大で98%と、従来製品と変わらないというスグレモノ。

『SLIM』

ちなみにどちらのモデルも、くもり止めレンズを標準搭載。花粉対策でマスクとメガネを装着すると、メガネが曇ってしまうことがあるが、くもり止めレンズなら曇りにくく快適性がアップするだろう。

花粉に敏感な人は、すでに薬を飲むなどの対策をはじめているかもしれないが、今回紹介したような次世代花粉対策グッズを試してみると、つらい症状をさらに緩和できるのではないだろうか。
(文・奈古善晴/考務店)


関連記事