極省スペース!PC一体型キーボードが登場!

極省スペース!PC一体型キーボードが登場!

30代以上のビジネスパーソンなら知っている人も多いと思うが、十数年前のパソコンは、とにかく大きくて重かった。ノートパソコンもずっしりとした重量があり、持ち運ぶのに苦労した人も少なくないのでは? 現在はMac BookAirやSurfaceのような、薄型・軽量モデルが当たり前になり、ビジネスバッグにスポッと入れて気軽に持ち運べる。ノートパソコン同様に、デスクトップ型のパソコンも日々進化しており、最近ではキーボードとパソコン本体が一体化したモデルが発表された。

●キーボードとタッチパッドとパソコンがひとつに!

パソコンのパーツや周辺機器などを取り扱っているテックウインド株式会社が発表した『キーボードPC』。キーボードにマウスの代わりになるタッチパッドとパソコン本体が組み込まれている。そのため、キーボードに電源とディスプレイケーブルを接続すればすぐに利用可能! 気になる性能は、Windows10 Home 32bitを搭載しており、キーボードはフルサイズの日本語86キー配列。パソコンのCPUはインテルAtomプロセッサーZ3735F、システムメモリーが2GB(DDR3L)、ストレージ容量が32GBとなる。

インターフェイスはUSB2.0×2、HDMI出力×1、VGA出力×1、microSDカードスロット、無線LAN(IEEE 802.11 b/g/n準拠)、Bluetooth 4.0 LE、音声入出力を装備。パソコンを使用するにあたって必要な装備は備わっているため、ディスプレイさえあればすぐにはじめられそう。

キーボードPC詳細画像

●テレビに接続して2台目パソコンにする

自宅に余っているディスプレイがなかったり、ノートパソコンしかない場合は、わざわざ新しいディスプレイを用意するのも…。そんなときは、同パソコンを自宅にある液晶テレビなどに接続。そうすることで、テレビをパソコンとして使うことができる。テレビを見ていて気になったことや番組に飽きてしまったときに、すぐにインターネットで調べたり、YouTubeなどの動画配信サービスを楽しむことができるので便利そうだ。

気になる発売日は今月中旬予定となっており、価格は2万円台の見込みといわれている。従来のデスクトップパソコンと比べるとかなりコンパクトなので、パソコンの置き場所がなくて購入を躊躇していた人や、リビングでくつろぎながらパソコンを楽しみたい人などにはうってつけではないだろうか。
(文・奈古善晴/考務店)


関連記事