雨用ビジネスシューズ

かっこいい雨用のビジネスシューズを試しに買ってみた。

花粉のシーズンもいつの間にか過ぎ去り「あぁ良かった」と思うのもつかの間、次は梅雨シーズンの到来です。アジサイの花にしとしとと雨が降る光景も素敵ですが、スーツで毎日出かけるビジネスパーソンにとってはジメジメしたり、雨で濡れたズボンがべたべたしたりと不便なシーズンでもあります。特に梅雨の時期に困るのは靴選びではないでしょうか。雨の日にお気に入りの革靴を履くのは極力避けたい。でも大切な打合せやデートなのにスーツにスニーカーとか、スーツにゴム長靴という訳にも。。。
古くなった一足を雨用に使っている人も多いようですが、それでも連日雨が降る梅雨の時期に、前日の雨でぬれたままの靴に朝から足を通すのは嫌ですよね。

早速、雨用のビジネスシューズについて調べ2足購入してみました。

正面から雨と向き合う場合

ひと昔前では雨用ビジネスシューズというと、デザイン性はあきらめなくてはいけないというイメージでした。でも今は違います!!デザイン性や履き心地も確保した雨用の革靴が沢山出ています。実際私が行った靴売り場では雨用ビジネスシューズとその他のシューズの区別がつきませんでした。

リーガル
ゴアテックス搭載で、雨に強い。私が買った商品の価格は34,000円。数年は履けるということと、梅雨の時期の快適さを考えると、比較的手が届きやすい価格に思えてくるのではないでしょうか。普通に手に取ってじっくりみても雨用ビジネスシューズであることはわかりません。ましてや雨の日の足元であれば、他の人から見てもそれとは分からないのではないでしょうか。
リーガル
こちら実際に雨の日に使用した感じ。
全く染み込む事も無く快適で履き心地も抜群です。
リーガル雨用

J.M.WESTON
価格は10万円を超える高額なもの!雨に強いと言われていますが、雨用ということではないので、参考まで。これだけのお値段になるとやっぱり雨に濡らしたくないな、となりますよね。それでも梅雨の季節や、雨の日にこの靴を見に来るお客様が増えると販売員の方がおっしゃってました。
ウエストン (1)

実際この2足は買ってみて履いてみました。
リーガルはクッション性も高く、動きやすい印象。濡れたフロアなどでも安心です。JMは高額ゆえ結局雨の日に履く勇気はありませんでした。こちらも裏はゴムになっていて動きやすいです。

実際に購入はしていませんが、マドラスでも雨用ビジネスシューズが発売されているようでした。リーガルに比べ型が細いように思います。

他にももちろん、いろいろな雨用ビジネスシューズはあるようです。
実際に一度は百貨店などの売り場へ足を運んでみてはいかがでしょうか。大抵の場合、雨の日専用の靴という設定ではないので、日常的に一足使える靴が増える感覚ではないでしょうか。

ちょっと工夫をするパターン

会社のデスクに社内用(室内用)の一足革靴を置いておき、外用と使い分けている人もいるようです。内勤の方には使えるテクニックではないでしょうか。靴下も社内用に一足持ち運べば、快適ですね。

靴ではなく、ソックスに工夫をすることもできるようです。防水ソックスというものがあるようで、靴はぬれても、靴下は濡れず足は快適?という作戦です。

雨用ビジネスシューズを納得して購入できるコツは、梅雨に突入する前から検討して購入すること。実際に梅雨になってからはどんどん売れてしまいサイズや色が希望通り手に入らないことが多いようです。納得の一足が欲しいのであれば、梅雨の少し前の時期からこまめに店頭をチェックしてみてください!

(文・Massigra編集部)


関連記事